• マッチングアプリ
    2020年最新版)おすすめ人気マッチングアプリ9選(恋活・婚活・友達作り)
    2019年12月14日
  • 男性向け
    【保存版】モテる男になるためにやるべきこと
    2019年12月31日
【出会いの経験値アップ】マッチングからのメッセージ100本ノックのすすめ

大好きな恋人を作って寂しい日々を豊かにしたい。

将来を誓い合えるようなパートナーを見つけたい。

 

マッチングアプリを利用する目的は人それぞれなれど、なるべく理想的な異性と出会いたいという点は誰しも同じ。そしておそらくほとんどの人が、思い描いたようには出会えていません。

 

理想の相手と結ばれる確率を少しでも上げたい…。

 

その実践的な方法として紹介したいのが、記事タイトルにもある「メッセージ100本ノック」。無骨な方法ではありますが、とても現実的かつマッチングアプリの基礎的な戦略だと思います。

まずは狭く深くではなく、浅く広くコミュニケーションをとる

「メッセージ100本ノック」とは簡単に言えば100人以上の相手とメッセージをやり取りしましょう!ということです。100本ノックの名称そのままですね。

 

マッチングアプリは大勢いる異性から特定の相手を見つけるためのツール。競争の場ですので、お気に入りの異性を見つけてサクサク仲を深めてゴールイン、とはいきません。つまりお気に入りの相手とマッチングしたからといって、その相手ばかりに集中して上手くいくものではないということ。

 

特定の相手と狭く深くコミュニケーションをとっているようでは、いざ上手くいかなかった場合に再度マッチング相手を探すところからやり直しです。そればかりか、本当は上手くいったかもしれない異性とのマッチングを逃していた可能性すらあります。

 

「メッセージ100本ノック」はなるべく多くの女性と関わり、広くコミュニケーションをとることで出会いに繋がらない異性をふるいにかける目的もあります。

 

また、駆け引きにはコミュニケーションスキルが大きくものをいうと思います。100人以上の異性とメッセージをやり取りする中でそのスキルは少なからず向上するでしょう。培ったスキルはこれからの出会いに繋がる最高の資産です。その経験は間違いなく活きてくることでしょう。

 

メッセージによるコミュニケーション進展レベル

マッチングした相手とメッセージを通じてコミュニケーションを深め、直接会うに至るまではひと苦労です。もちろんすぐに会う前提で登録している女性もいますが、慎重に立ちまわる女性がほとんどです。そこでコミュニケーションの進展具合に段階をつけて、レベルに分けて考えてみます。

 

進展レベル1・さしあたってのやり取りを行う

マッチングの直後、最初のメッセージから数回やり取りするまでの段階。まずは相手の素性を見極めるためにジャブを打ちあっている状態ですね。経験上、八割はこの段階でメッセージが途切れてしまいます。

 

とりあえず、という感覚でマッチングした相手の場合、このジャブによほどインパクトがなければメッセージを続けてみようとは思いません。ジャブとはいえ気になる相手であればその出だしに注意したいところです。

 

進展レベル2・心地いいコミュニケーション

興味をもたせることに成功して会話がリズムに乗ってきた段階。話題が噛み合って会話が弾み、この人とならもうちょっとメッセージを続けてみてもいいかな、と思ってもらえています。ただ、まだまだ安心できる段階ではありません。

 

この人とのやり取りは心地いいな、というレベルを継続できなければ割とすぐに飽きられてしまいます。相手の温度感を見誤り、興ざめするような返信を送ってしまわないように意識します。

 

進展レベル3・お互いに興味を持ち始める

もっと相手のことを知ってみたいと思い始めた段階です。ここまでくれば、飽きられて急にメッセージが来なくなる…ということはほとんど無くなります。既に異性として興味をもたれていますが、女性によってはここからレベル4までのハードルが高いことも。

 

また、この段階になると今まで見えてこなかった相手の倫理観や価値観が見えてきます。根本的な人間性のズレが生じると一気に台無しになることもあるので、あまり調子に乗りすぎて相手の地雷を踏まないように注意したいところ。

 

進展レベル4LINE交換、デートの約束

直接会ってみたいとハッキリ考え始める段階です。ここまで来てはじめて恋愛対象として認められたといっていいかもしれません。ある程度は信頼も得られているはずなので、LINEなど他のSNSでの交流を持ち出しても大丈夫。

 

マッチングアプリという枠組みを抜け出し、より親密度を育むことができる千載一遇のチャンス。後は直接会う約束をしてリアルな関係になることです。ここがマッチングアプリにおける最初の到達点といえるでしょう。

 

進展レベルを把握してコミュニケーションのこつを掴む

メッセージ100本ノックを実践する中で、進展レベル1で終わってしまう人はもちろんレベル34まで到達することもあると思います。コミュニケーションのこつを掴むためには、マッチングしたそれぞれの相手とどの進展レベルまで進んだかの評価と修正が大切です。

 

あの子とせっかくマッチングしたのに、進展レベル1でメッセージが途絶えてしまった。他の子とは会話が上手いこと弾んで、あっという間に会う約束まで出来てしまった。では、その理由が何だったのか振り返ってみることをおススメします。徐々にコミュニケーションのこつが見えてくるはずです。

 

もちろんコミュニケーションのこつだけではなく趣味嗜好の合致や会話の波長が合う人だった…など、単なる相性が理由であることも多いです。そこも含めて振り返りをすることで、自分に合った女性というのも見えてきます。せっかく時間を割いてやり取りしているわけですから、是非とも先に繋げられるようにしましょう。

 

100人に一人以上の奇跡

100本ノックと言うと「そんなにたくさんの人と」という印象をもたれる人がいるかもしれませんね。でも恋人や夫婦になるような異性との出会いは奇跡のようなもの、と考えてみれば100という数字はそれほど大きなものでもありません。

 

人気のマッチングアプリであれば会員数は何百万人にも達します。その中で駆け引きをおこない、理想の相手を射止めるのは決して容易ではありません。運命の出会いという奇跡を手に入れる、その確立を少しでも大きくするために実施するのがメッセージ100本ノックです。

 

マッチングアプリという場で芽生えた絆とそのきっかけを、是非とも活かしていただければと思います。

関連キーワード
  • 【最新版】ペアーズの料金とプランの選び方・おすすめポイントを紹介
  • 【体験談】タップル誕生で地元の美容師さんに出会って告白した話
  • 出会えない人におすすめ!マッチングしやすいマッチングアプリ4選
  • 【体験談】Pairsで7人の女性とLINE交換して3人と出会った話
  • 身バレを防ぐことができるマッチングアプリ3選
  • 【タップル誕生】地方住みの美人と出会ってから壮絶な別れを経験した
おすすめの記事