• 男性向け
    【保存版】モテる男になるためにやるべきこと
    2019年12月31日
  • マッチングアプリ
    2020年最新版)おすすめ人気マッチングアプリ9選(恋活・婚活・友達作り)
    2019年12月14日
【体験談】Pairsで7人の女性とLINE交換して3人と出会った話

数多くあるマッチングアプリの中でも、会員登録者数が最も多いPairs(ペアーズ)。

 

会員数が1000万人を超える人気の恋活アプリですが、会員数が多ければ多いほど出会えるというものでもないでしょう。

では果たして、Pairsは本当に出会えるのか?

本記事では、実際にPairsを三ヶ月間利用してみたリアルな体験談をお伝えします。

 

結果からお伝えすると、マッチングした20人以上のお相手の中から7人の女性とのLINE交換に成功し、実際に3人の女性と会うことができました。Pairsで出会ったその3人の女性との出会いから別れまで、その事の顛末を紹介してみたいと思います。

 

26歳の看護師・Kさん

まず最初に会うことになったのが、看護師のKさんです。

メッセージのやり取りは仕事の話題が中心でした。

夜勤が多くて大変そうでしたが、会話の内容から看護師という仕事に誇りをもっていることが分かります。

とても誠実な印象で軽いノリはあまり感じさせず、Pairsに登録した理由や出会ってからの目標なども明確に持っている女性でした。

 

マッチングからLINE交換までの経緯

マッチング後しばらくは13日に一回程度メッセージをやり取りする程度でした。

これはこのままフェードアウトしてしまうかな、と思っていましたが、真面目な話題から一転してゲームの話題になると明らかに温度感が変わります。

 

たまたま共通で遊んでいるゲームがあって会話が盛り上がったので、LINE通話しながらゲームをしようと提案してみると、あっさりと受け入れられることに。

それからちょくちょくLINE通話しながらオンラインでゲームをするようになりました。

出会った当日の話

ゲームのおかげで何度か通話をして打ち解けることができたため、すんなりと会う約束をすることができました。

 

都内の駅で待ち合わせをして、LINE通話をしながら合流。

Kさんに実際に会ってみると、Pairsのプロフィール写真よりぽっちゃりしている感じはありましたが、真面目な印象はそのままで概ねイメージどおり。

お昼に待ち合わせていたためランチにパスタを食べてから、もう少し話そうということになりデニーズでドリンクバーとデザートをご馳走しました。

 

本当にハキハキと喋る真面目な女性といった印象のKさん。デニーズで二時間ほどゆっくりしてから帰宅することになりました。

その後どうなったか

その日のうちに、次回は水族館に行きたいというLINEが届きました。

ただ、会話をしていて心地よくて楽しくもあったのですが、恋人というよりは友達や妹といった感情しかもてそうにありません。

 

結果的に水族館デートは実行に移さず、いつしか連絡を取り合うことも無くなってしまいました。

 

23歳のアパレル女子・Tさん

その次に会うことになったのが、アパレル店員をしているTさんです。

 

プロフィール写真を見る限りは可愛らしいというより、お洒落なお姉さんタイプといった印象。

Tさんはインドアな女性で読書が好きだったので、本の話題が中心でした。

僕も読書は趣味のひとつだったので、お互いにおススメの本を教え合ったりしました。

マッチングからLINE交換までの経緯

僕は既に30代だったため、Tさんはかなり年下の女性になります。

年齢歳が気になっていましたが、Tさんの好みは落ち着いた大人の男性とのことで、メッセージは積極的に返してくれていました。

 

会話の雰囲気もよかったので、これはいけるかな?とLINE交換を申し出てみたところ、あっさりとOK

それからはPairsではなくLINEで会話を続けるようになりました。

出会った当日の話

LINE交換してから数日後、直接会って本の話でもしようと提案してみると、こころよく承知してくれました。

 

本当はあまりよくないのですがノープランで特に予定も立てずに都内で待ち合わせ。

直接会ってから和食を食べようという話になり、有名な老舗のお蕎麦屋さんでランチをすることに。

Tさんはプロフィール写真よりは幼く感じられて、直接会ってみたところ印象がお姉さんタイプから妹タイプに変わりました。

 

お蕎麦を食べてから特に計画もなかったので、ゲームセンターでUFOキャッチャーをしたり、公園をうろうろしてみたり。

本の話題を中心に色々と話しました。夕方に差し掛かろうかという時間になり、その日は遅番の仕事ということで解散しました。

その後どうなったか

その後もずっとLINEでやり取りが続いていたのですが、それからしばらくして僕の仕事が忙しくなってしまい、やり取りを続ける余裕がなくなってしまいました。

事情を伝えて余裕ができたらまたLINEするね、と伝えたまま、時間だけが経過してしまい連絡を取りづらくなってしまいました。

 

28歳の化粧品販売員・Hさん

最後に会うことになったのが、化粧品の販売員をしているHさんです。

 

プロフィール写真は大人しい雰囲気のお嬢さんタイプといった印象。

ホワイトやアイボリーといった白系統の服を着ていて、いかにも純白の人といった印象です。

そんなHさんとはゲームコミュニティからマッチングに繋がったため、ゲームの話題を中心にやり取りしました。

 

マッチングからLINE交換までの経緯

ゲームコミュニティで繋がったため、Kさんの時と同じようにLINE通話しながらゲームをしようと提案してみました。

すると通話は拒否されてしまったのですが、LINE交換はOKとのこと。

それから通話はしませんでしたが、一緒にゲームをやるようになりました。

 

出会った当日の話

実は、Hさんの場合はLINE交換をする前に会う約束をしていました。

一ヵ月以上先の日を提案したからか、あまり抵抗なく受け入れてくれました。

その後、ゲームを一緒にする中で信頼を得ることができたので直接会えたのかもしれません。

 

Hさんはバーに行ってみたいと話していたので、夜に都内で待ち合わせて予約をしたバーでお酒を飲むことに。

ただその日、Hさんはどうもお腹の調子が悪かったらしく、お酒をあまり飲めずにお手洗いにも何回か行っていたため、切り上げることを提案。

 

結局、二時間足らずで解散することになりました。

 

その後どうなったか

会った当日は何故かオセロの話題で盛り上がり、オセロが強くなりたいから一緒に勉強しようという話をしました。

それからオンラインのオセロで対戦してみたり、LINEでお互い飯テロをしたりと仲良くなったのですが、結局恋愛にまでは発展しませんでした。

 

清楚な雰囲気ながらゲーム好きというギャップが魅力的だったのですが、いつしかお互い連絡を取り合うことも無くなり、そのままフェードアウトしてしまいました。

 

Pairsは出会えるマッチングアプリ

ここまでPairsを利用した実体験を紹介してみました。改めてPairsはとても出会いやすいマッチングアプリだと思います。

 

登録会員数が多いだけではなく、マッチングに繋がるベーシックな機能が充実しているところがポイントですね。

実際に、Pairsにそこまで張り付いて利用していたわけでもないのに、三ヶ月の間に多くの女性と知り合い、3人の女性と直接出会うことができました。

 

本格的に恋活をしたい人は、是非Pairsを利用してみてくださいね。

Pairs (ペアーズ)

関連キーワード
  • 【最新版】ペアーズの料金とプランの選び方・おすすめポイントを紹介
  • 出会えない人におすすめ!マッチングしやすいマッチングアプリ4選
  • 【体験談】Pairsで7人の女性とLINE交換して3人と出会った話
  • 身バレを防ぐことができるマッチングアプリ3選
  • ペアーズは女性料金が無料!課金するメリットはある?
  • ペアーズのライン交換のタイミングと注意点とは?
おすすめの記事