• 男性向け
    【保存版】モテる男になるためにやるべきこと
    2019年12月31日
  • マッチングアプリ
    2020年最新版)おすすめ人気マッチングアプリ9選(恋活・婚活・友達作り)
    2019年12月14日
プロフィール写真は盛るべきか否か!?実体験をもとに解説

マッチングアプリで良い出会いを手にするためにはプロフィール写真の登録が必須です。

 

もちろん登録をしなくともマッチングアプリ自体は利用できますが、顔も分からない他人と仲を深めて恋人になろうとは思えません。また、プロフィール写真を風景写真や料理写真のみにしている人も見受けられますが、同様の理由で出会いは遠のいてしまいます。

 

それでは出会いの鍵ともいえるプロフィール写真には、どんな写真を使えばいいのでしょうか?

 

SNOW(スノー)というカメラアプリが人気になって久しいですが、いわゆる自撮りを「盛る」のが当たり前の風潮になってきた昨今。この記事は私の経験をもとに、プロフィール写真は盛るべきか否か?というテーマにてお伝えしたいと思います。

 

プロフィール写真を盛るメリット

まずはプロフィール写真を盛ることを前提としたメリットとデメリットを考えてみましょう。このテーマについて個人的な考えを持つ前に、内容をまとめて俯瞰的に観察することで見えてくるものがあると思います。

 

まずはメリットとして考えられる点からまとめてみましょう。

 

マッチングの確立が飛躍的に上がる

マッチングアプリにおける最初のハードルは言うまでもなく異性とのマッチングですよね。どんなに気になる子がいたとしても、マッチングしなければコミュニケーションのきっかけすら得られません。

 

その点で言えば、見栄えのよいプロフィール写真を使用することは理にかなっています。趣味や経歴なども大切ではありますが、はじめましての相手とマッチングする決め手になるのは、やはりルックスです。

 

見栄えのよい写真をアピールすることで、マッチングという出会いの初動を円滑にできることは言うまでもありません。

 

出会うまでのハードルが下がる

マッチングしたからといってプロフィール写真がもう関係ないかといえば、そうではありません。仮にメッセージのやり取りをして会話が弾んだとして、見栄えのいい相手と見栄えのよくない相手ではどちらのほうがモチベーションが上がるかと言えば、もちろん前者です。

 

それでなくとも初対面なわけですからルックスが重要視されるのは当然のこと。見栄えのよい相手であればあるほど会ってみたいと思いますよね。つまりマッチングのみならず、その後の展開においても盛ったプロフィール写真は活躍してくれます。

 

本当に出会いたい人を逃さずに済む

これは前述したマッチングのしやすさと出会うまでのハードルに関連していますが、本当に出会いたい人を逃さずに済むというのが最大のメリットかもしれません。

 

逆に言えば「見栄は張りたくない」とパッとしないプロフィール写真を使えば、本来上手くいったはずの女性を逃してしまう可能性があるということです。お互い出会ってみたら波長が合うのに、第一印象に振り回されて出会うこと自体を逃してしまうのは、とても勿体ないことだと思います。

 

プロフィール写真を盛るデメリット

ここまでを振り返ってみるとプロフィール写真は出来る限り盛ったほうが良いのでは、と考える方もいるかもしれません。ところがもちろん良いことばかりではありません。それでは次に、デメリットについて考えてみます。

 

出会ってからのハードルが上がる

プロフィール写真を盛ることで、マッチングから出会いまでのハードルが低くなるのは前述したとおり。ところが逆に、出会ってからその先、恋愛関係に発展するまでのハードルは高くなってしまうでしょう。

 

写真を盛るということは、実物が写真より劣るということ。当然ながら出会ってからガッカリされてしまうことがほとんどです。せっかく会話が盛り上がって直接会う約束をしたのに、会ってみたら思っていた人と違って気持ちが冷めてしまった…。なんてことも覚悟しなければなりません。

 

信頼性が損なわれる危険がある

見た目でガッカリされるだけならまだいいかもしれません。実物があまりにも写真と違う場合、人によっては「騙された」と感じる場合もあるでしょう。それこそ詐欺レベルで写真を盛ったケースでは、最悪詐欺師扱いされてしまうことも…。

 

つまりルックスだけではなく「出会うためにウソの写真を使う人」というレッテルを貼られてしまう可能性があるということ。自撮りを盛ることが一般的にはなっているものの、出会うまでのコミュニケーションで築いてきた信頼性が一気に損なわれてしまっては辛いですね。

 

傷付けられてしまう可能性もある

直接対面することで相手は少なからずガッカリしているわけですから、写真と全然違うという不満をハッキリ伝えられることだってあります。

 

特に気にならない人であれば問題にはなりませんが、コンプレックスを抱えている人は容姿をなじられてしまうことで、気持ちが傷付いてしまう覚悟をする必要があります。それでなくとも「この人いいな」と思った相手でしょうから、その分ダメージも大きくなってしまいます。

 

結果、台無しになったうえに自信までも失ってしまっては、これからの出会いにも消極的になってしまうでしょう。

 

実際に盛りに盛ったプロフィール写真を使用して出会ってみた

実は筆者である私がマッチングアプリを利用する際、現在より18キロも痩せていた時代の写真をプロフィールに設定していたことがあります。昔のことであるからこそこうして暴露できますが、もはや写真を盛るというレベルではなく詐欺に近いですね。

 

ですが今回のテーマを取り上げるにあたっては、とても良い実例だと思います。

 

事実、プロフィール写真の受けはよくマッチングもサクサク、会話もどんどん弾んで実際に何人かの女性とお会いしました。結論をお伝えすると、ガッカリされることはあっても出会ってからコミュニケーションが途切れたことは一度もありません。見た目にガッカリされても、次にまた会う約束を取り付けることができたのです。

 

たまたま上手くいっただけかもしれませんが、参考のために実例を紹介しました。

 

出会いのきっかけとは何か

ここまでプロフィール写真を盛るべきか否かについて、メリットとデメリット、そして実体験を交えてお伝えしてみました。そして、このテーマについて「どちらが正しい!」という結論を出してはいません。

 

幸せをつかみにいくというのはリスクもそれなりに伴うもの。マッチングアプリという出会いのきっかけをどう解釈するかによっても判断は異なると思います。現実の自分か、理想の自分か、何をプロフィール写真に設定するかは自由です。

 

思い思いの方法できっかけを手にして、理想の相手を探してみてください。

関連キーワード
  • 【最新版】ペアーズの料金とプランの選び方・おすすめポイントを紹介
  • 【体験談】タップル誕生で地元の美容師さんに出会って告白した話
  • 出会えない人におすすめ!マッチングしやすいマッチングアプリ4選
  • 【体験談】Pairsで7人の女性とLINE交換して3人と出会った話
  • 身バレを防ぐことができるマッチングアプリ3選
  • 【タップル誕生】地方住みの美人と出会ってから壮絶な別れを経験した
おすすめの記事